駆除の事ならお任せ|人々の天敵であるアライグマを撃退

二人の作業員

種類によって違う巣の形

女性

シロアリの種類

日本でみられるシロアリの中で建物に被害を与えるのがヤマトシロアリとイエシロアリの2種類です。ヤマトシロアリは巣を作らずに木材の中で仲間を増やしていきます。食べる木材が無くなったら次の木材へ集団で移動していきます。1つの集団には1〜2万頭おり、集団で移動を繰り返します。これに対してイエシロアリはエサになる建物の近くの土の中に巣を作ります。黒アリのような大きな本巣と枝分かれした複数の分巣があります。中には数十万頭おり、時には100万頭近くが生息しています。近年では輸入家具等に生息するアメリカカンザイシロアリによる被害が問題となっています。このアリは、木材の中で活動するので特別に巣を作ることはありません。

巣の中にいるのは

ここからはイエシロアリの巣の仕組みについて説明します。中には王アリと女王アリがおり生殖活動を行っています。王と女王アリに何かあった場合に備えて副王アリと副女王アリがいます。働きアリはエサを王アリや女王アリにエサを運ぶ為に蟻道を作り、巣と木材の間を行き来します。敵が襲ってきた場合は巣の中にいる兵アリが、乳白色の液体を出して追い払います。中にはニンフと呼ばれる後に羽アリとなるアリがいます。シロアリは完全な階級社会で働きアリの数は全体の90%近くを占めています。イエシロアリの巣は大きくなると分巣を含めた大きさが半径100m近くになります。多くのシロアリが行き来する蟻道は子供の腕程の太さになる事があります。

Copyright© 2016 駆除の事ならお任せ|人々の天敵であるアライグマを撃退 All Rights Reserved.